月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/

    マガジン

    • 2022年9月号『ニューリーダー』

      安倍ロスに旧統一教会問題、岸田改造内閣の出足もパッとしません。コロナ感染者世界一にもなったのに、なぜか危機感は高まっていないように思えます。メディアと市井の感覚のずればかりが気になります。かつて歴史的な政権交代がありました。しかし、その裏側を覗くと、あまりにくだらない政治劇。政治リーダー失敗の研究がメスを入れます。さて、今月の問題は衛星電話を採り上げました。もし今の携帯が衛星電話であったならば・・考えさせられます。企業研究は資生堂、カチタス、100均メーカー、バイオの旗手としてジーンクエストなどを採り上げました。また、世界的食糧危機に対して、日本の農政とコメの在り方を問いました。エネルギー危機と脱炭素問題、我々はヒステリックに脱炭素を追いすぎたのではないか。ここにも、十分な戦略が必要です。そして「こちら社会部」では、私たちは夢を描ける子供を育てているのか、自問しました。海外情報も満載です。

    • 2022年8月号『ニューリーダー』

      参議院選挙期間中の7月8日、銃弾に倒れた安倍晋三元首相。政治と宗教の結びつき、国葬の在り方まで様々な議論があります。しかし、元首相をあまりに美化することには疑問を感じます。国政選挙の心配がいらない「黄金3年間」を手にした岸田文雄首相が功罪併せ持った安倍政治の何を継承し、どう見直すかです。しかし、プーチン戦争があるとはいえ、円安に始まり、食糧、エネルギー問題など日本の政策が軽視してきた根源的問題が噴出しています。そして、何よりも強みだったソフトパワー=経済の歪みが広がっています。今月号でも諸問題を散りばめています。企業研究は三井金属、分子ロボット研究所、デジタルハーツHD、ヨドバシなどを採り上げました。ジェンダー問題、中小企業経営についても追い続けています。豊富な海外情報とその分析、人気のコラムもお楽しみください。

    • 2022年7月号『ニューリーダー』

      いよいよ参議院選が間近に迫っています。下馬評では与党の大勝にあわせ改憲派が有利だそうです。ウクライナをはじめ円安、物価高・・後に日本の分岐点だった評される選挙になるかもしれません。決算も一段落しましたか、時価総額トップ5の実力度と課題を分析しました。企業研究は「黄金株」INPEXの行方、「バイオの旗手」レナセラピューテクスなどを採り上げました。迫り来る食糧危機に無頓着な日本、逆金融相場入りした株式市場、苦境の百貨店の生き残り策、そして、岸田政権の呆れた「資産所得倍増プラン」の中身を検証しました。外交、防衛にしても、経済というソフトパワーなくしては、日本は立ち行かないというのに、その視点が全く欠けています。世界に目を転じれば、やはりプーチンの狂気が世界を苦しめています。彼の頭の中を覗いてみました。デマをなぜ信じるのか、連載「温故知新」が訴えかけます。

    • 2022年6月号『ニューリーダー』

      ウクライナ情勢から危機感が高まり、防衛費の拡大や憲法9条を始めとした改憲機運が高まっています。でも、国の形を含め慎重な議論が必要です。それよりも、インフレや円安で家計は圧迫されています。いま国民が求めているのは違うところにある気もします。企業研究はオムロン、ファーストリテイリング、ヤオコー、「ナノテクの旗手」マイクロモジュールテクノロジーなどを採り上げました。日本を襲うウッドショック、メタバースの陥穽、多角化目指す地銀なども紹介します。女性の社会進出にも焦点を当て続けています。海外情報をまとめた「世界総覧」はウクライナ問題など、多角的な分析をしています。また、ディープステイトを焦点に当てた「前方注意」、ロジスティック戦略なき日本を描いた「温故知新」、「政治リーダー失敗の研究」「地域活性化に挑む」など人気の連載記事もお勧めです。

    • 2022年5月号『ニューリーダー』

      いよいよ迫りつつある夏の参院選。しかし、野党の体たらくから自公政権は揺るぎそうもありません。そんな野党の今を追いました。エネルギー、食糧、一次産品まで全面高。円安も加わり経済停滞の中でインフレが襲います。その背景をちりばめました。特に円は「最弱の通貨」になっていること、政策を大転換しなければ、食糧危機に陥ることなどを解き明かします。「ウクライナのために我慢する」といったマインドがいつまで続くかです。企業研究はJSR、シャープ、「ナノテクの旗手」の仁科マテリアルなどを採り上げました。それにしてもプーチン戦争がインフレの一因でもあります。いつになったら戦争は終わるのでしょう。ゼレンスキーの人柄はワールドビジネスアイで、またアメリカの真の敵は中国であることをアメリカインサイトで描いています。

    リンク

    2022年9月号『ニューリーダー』

    安倍ロスに旧統一教会問題、岸田改造内閣の出足もパッとしません。コロナ感染者世界一にもなったのに、なぜか危機感は高まっていないように思えます。メディアと市井の感覚のずればかりが気になります。かつて歴史的な政権交代がありました。しかし、その裏側を覗くと、あまりにくだらない政治劇。政治リーダー失敗の研究がメスを入れます。さて、今月の問題は衛星電話を採り上げました。もし今の携帯が衛星電話であったならば・・考えさせられます。企業研究は資生堂、カチタス、100均メーカー、バイオの旗手としてジーンクエストなどを採り上げました。また、世界的食糧危機に対して、日本の農政とコメの在り方を問いました。エネルギー危機と脱炭素問題、我々はヒステリックに脱炭素を追いすぎたのではないか。ここにも、十分な戦略が必要です。そして「こちら社会部」では、私たちは夢を描ける子供を育てているのか、自問しました。海外情報も満載です。

    すべて見る

    2022年9月号【目次】

    ~世界総覧~世界はどう動いているのか 📖全記事をお得に読みたい方はこちら📘紙媒体でお求めの方はこちら🗻富士山マガジンサービスでお買い求めの方はこちら ・~・~・書店でもお買い求めいただけます・~・~・

    ああ黄金の3年間がもったいない バランス第1でも蛇行運転し始めた岸田政権

    出るわ出るわの統一教会との関係図 関係持たない議員だけでは組閣できない? 参院選を大勝で乗り切った岸田文雄首相は、決戦から1カ月も経たずに、内閣改造・党役員人事を断行した。ウクライナ危機と円安による物価高騰は止まらず、新型コロナウイルスの新規感染者は連日「世界1」の20万人超、医療は逼迫する。安倍晋三元首相の銃撃・殺害事件をきっかけに世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自民党の関係も暗い影を落とす。こうした政権を取り巻く重苦しい空気から局面転換を図ろうと、意表を突く形で前倒し

    スキ
    1
    有料
    200

    めざとい人たちの視線は宇宙を向いている!?衛星電話VS地上基地局電話

    遊覧船になかった衛星電話 日本では非常時専用だが 4月の知床遊覧船の事故では安全対策の不備が後になってから次々と判明した。事故を起こした船の衛星携帯電話は故障しており、通信手段として衛星電話ではない通常の携帯電話に変更されていたとされている。  今日では電話といえば携帯電話、それもガラケーでなくスマホのことである。日本における携帯電話の総契約数は2022年3月時点で、1億9500万件を超えている。人口1人当たり2台弱という計算である。  ただ、携帯電話は基地局から離れてい

    有料
    200

    米中経済は後退期入り 高まる世界同時不況の可能性

    米国に強まる後退懸念 世界の昨年の名目GDP規模の国別シェアは、1位米国24.9%、2位中国17.5%、3位日本5.9%、4位ドイツ4.6%、5位英国3.2%だった。米国と中国の規模は突出しており、両国で世界の42.4%を占めた。それだけにその景気動向が世界経済に与える影響は大きい。  日本は3位であっても彼我の差は大きく、しかも米国、中国との経済関係は極めて密である。

    有料
    200

    2022年8月号『ニューリーダー』

    参議院選挙期間中の7月8日、銃弾に倒れた安倍晋三元首相。政治と宗教の結びつき、国葬の在り方まで様々な議論があります。しかし、元首相をあまりに美化することには疑問を感じます。国政選挙の心配がいらない「黄金3年間」を手にした岸田文雄首相が功罪併せ持った安倍政治の何を継承し、どう見直すかです。しかし、プーチン戦争があるとはいえ、円安に始まり、食糧、エネルギー問題など日本の政策が軽視してきた根源的問題が噴出しています。そして、何よりも強みだったソフトパワー=経済の歪みが広がっています。今月号でも諸問題を散りばめています。企業研究は三井金属、分子ロボット研究所、デジタルハーツHD、ヨドバシなどを採り上げました。ジェンダー問題、中小企業経営についても追い続けています。豊富な海外情報とその分析、人気のコラムもお楽しみください。

    すべて見る

    2022年8月号【目次】

    ~ニューススクランブル~ ~世界総覧~世界はどう動いているのか 📖全記事をお得に読みたい方はこちら📘紙媒体でお求めの方はこちら🗻富士山マガジンサービスでお買い求めの方はこちら ・~・~・書店でもお買い求めいただけます・~・~・

    高揚感なき大勝、「黄金の3年間」の行方「遺産」や「遺言」が岸田首相を苦しめる

    涙で霞んだ9年ぶりの単独過半数 野党撃沈、悪夢再びの立憲民主党 第26回参院選は、自民党が単独で改選議席の過半数を獲得、岸田文雄首相は国政選挙の心配がいらない「黄金の3年間」を手中に収めた。しかし、投票日2日前に、遊説中の安倍晋三元首相が凶弾に倒れ、命を落とすという事件が起き、自民大勝にも首相はじめ執行部に高揚感はない。犯行の理由は何であれ、民主主義の根幹でもある選挙中に、暴力によって言論が封じ込まれた衝撃は計り知れず、「安全神話」も大きく揺らいだ。  首相を支えてきた最大

    有料
    200

    丸投げ、他人事行政にウクライナ避難民の困惑

    仕事を自治体に丸投げ 日本に逃れてきたウクライナ避難民の多くが、日本政府の頼りない支援ぶりに困惑している。「形だけの受け入れ、遅すぎる対応」に不安を感じているのだ。いずれ人道支援への国際的な悪評となって跳ね返るだろう。  ウクライナ避難民対応の主管官庁は法務省出入国在留管理庁(入管庁)である。避難民の困窮状況を把握して救済措置を定め、居住先となる地方自治体に適切な指示をするのが仕事だ。が、受け入れ先の自治体に事実上“丸投げ”しているのが実態だ。  戦禍を逃れて日本を頼って

    有料
    200

    本格的なインフレを知らない日本人 縮みあがるGDPの大国柱“消費”

    やっと判断引き上げもコロナ第7波に突入 日銀が3カ月に1度の支店長会議でまとめる全国9地域の景気判断報告、通称さくらリポートが7月11日に発表された。全国9地域のうち7地域の景気判断を引き上げた。  前回3月の報告では、9地域のうち持ち直しの動きが続いているとしたのは中国だけで、他の8地域は新型コロナの感染拡大による消費回復の足踏みを理由に判断を引き下げていた。

    有料
    200

    2022年7月号『ニューリーダー』

    いよいよ参議院選が間近に迫っています。下馬評では与党の大勝にあわせ改憲派が有利だそうです。ウクライナをはじめ円安、物価高・・後に日本の分岐点だった評される選挙になるかもしれません。決算も一段落しましたか、時価総額トップ5の実力度と課題を分析しました。企業研究は「黄金株」INPEXの行方、「バイオの旗手」レナセラピューテクスなどを採り上げました。迫り来る食糧危機に無頓着な日本、逆金融相場入りした株式市場、苦境の百貨店の生き残り策、そして、岸田政権の呆れた「資産所得倍増プラン」の中身を検証しました。外交、防衛にしても、経済というソフトパワーなくしては、日本は立ち行かないというのに、その視点が全く欠けています。世界に目を転じれば、やはりプーチンの狂気が世界を苦しめています。彼の頭の中を覗いてみました。デマをなぜ信じるのか、連載「温故知新」が訴えかけます。

    すべて見る

    2022年7月号【目次】

    ~ニューススクランブル~ <世界総覧>~世界はどう動いているのか~ 📖全記事をお得に読みたい方はこちら📘紙媒体でお求めの方はこちら🗻富士山マガジンサービスでお買い求めの方はこちら ・~・~・書店でもお買い求めいただけます・~・~・

    【楽勝ムード広がるが】後に分岐点だったと評されることも 重大な意味を持つ2022参院選

    ドキドキの展開となりそうにない選挙 「2022年体制」が構築される可能性も 岸田政権の中間評価となる2022年参院選の投票日が近づいた。新型コロナウイルスの感染拡大と、ロシアによるウクライナ侵攻という2つの危機に直面しながら、岸田文雄首相は無難に対応し、内閣支持率も安定する。何よりも野党第1党の立憲民主党が低空飛行から脱しきれず、野党候補の乱立も解消されないまま、選挙戦に突入したことから、首相が掲げる「非改選も含めて自民、公明両党で過半数」は確実との見方が広がる。  首相の

    有料
    200

    「ウィズコロナ」ならぬ「ウィズ国債」巨額化した借金と上手く長く付き合わざるを得ない

    対立する財政再建派と積極派の代表的論稿 両者間違ってはいまいが、ストンと落ちない 世界が大恐慌から脱け出せていない1933年4月、米国のルーズベルト大統領は、財務長官ら側近たちとの会議で、金本位制からの離脱を告げた。側近たちは大騒ぎになった。「3人の金融のプロは、ルーズベルト大統領がかくも重要なことをいとも簡単に言ったことにあきれ、2時間にわたってインフレの危険性と恐ろしさについて半狂乱になってルーズベルトに説いて聞かせた」。  会議からの帰路、ダグラス予算局長は、後に内務

    有料
    200

    円安加速で値上げラッシュ 賃上げも飲み込みGDP過半の消費に打撃

    円安は140円を目指す勢い ハイピッチで円安が進んでいる。対ドルレートは銀行間取引の終値ベースで6月14日の終値は134円と、2002年1月に付けた2000年以降の最安値を約20年ぶりに更新した。一時的には135円と長期信用銀行破綻など金融危機に追い込まれた1998年以来の安値を付けている。対ドルレートは、年初から115円前後で推移していたが、3月半ばから下落基調を強め、約3カ月で20円幅の下落である。  昨年も年間を通じて円安基調だったが、1月の104円から12月の115

    有料
    200

    2022年6月号『ニューリーダー』

    ウクライナ情勢から危機感が高まり、防衛費の拡大や憲法9条を始めとした改憲機運が高まっています。でも、国の形を含め慎重な議論が必要です。それよりも、インフレや円安で家計は圧迫されています。いま国民が求めているのは違うところにある気もします。企業研究はオムロン、ファーストリテイリング、ヤオコー、「ナノテクの旗手」マイクロモジュールテクノロジーなどを採り上げました。日本を襲うウッドショック、メタバースの陥穽、多角化目指す地銀なども紹介します。女性の社会進出にも焦点を当て続けています。海外情報をまとめた「世界総覧」はウクライナ問題など、多角的な分析をしています。また、ディープステイトを焦点に当てた「前方注意」、ロジスティック戦略なき日本を描いた「温故知新」、「政治リーダー失敗の研究」「地域活性化に挑む」など人気の連載記事もお勧めです。

    すべて見る

    2022年6月号【目次】

    ~ニューススクランブル~ 《世界総覧》~世界はどう動いているのか~ 📖全記事をお得に読みたい方はこちら📘紙媒体でお求めの方はこちら🗻富士山マガジンサービスでお買い求めの方はこちら ・~・~・書店でもお買い求めいただけます・~・~・

    スキ
    2

    【「力には力」の陥穽】国民が今、求めているのはそれなのか一気に高まりそうな“改憲”機運

    9条改正は考えないと表明も豹変 コロナとウクライナ危機が背中を押す 日本国憲法が施行75年を迎えた。憲法改正を悲願とした安倍晋三元首相が政権を去り、菅義偉前首相を経て就任した岸田文雄首相。自民党のリベラル派集団の宏池会出身ながら、改憲に強い意欲を示す。性急な論議に慎重な野党第1党の立憲民主党が昨年の衆院選に大敗し、長期低迷状況が続く中で、自民は国民民主党を取り込み、野党分断作戦が着々と進む。改憲に積極的な日本維新の会が世論調査で立憲民主を上回る支持を獲得しており、改正発議への

    スキ
    1
    有料
    200

    【企業は公器だ】「会社は何のためにあるのか」を考えさせられる 社会のために何ができるかを追求するオムロン

    国内外から注目される“京都型ビジネス” 頭一つ抜きんでているブレない経営  「最も人を幸福にする人が、最もよく幸福になる」  一見すると、マインドリセットなどを謳う投資セミナーの人気講師の常套句のようで、人によっては鼻白んでしまうかも知れない。でも、「大企業病は、痛みの伴わない慢性病である」との指摘に対しては、名立たる企業に勤める多くのビジネスマンが膝を打つものと思われる。どちらも、規模の追求、利潤の追求だけでは健全な企業経営は成り行かないということを簡潔に示した立石電機

    有料
    200

    日米金融政策の違いが金利差を拡大 止まらぬ円安進行で強まる景気後退懸念

    20年ぶりの円安水準に 日銀は4月27~28日に金融政策決定会合を開催し、長短金利操作目標や資産買い入れ方針など現行の金融緩和政策を維持することを決定した。米国の金融引締めへの転換や物価上昇を背景に、3月中旬以降、急激な円安が続いており、市場の一部には金融政策の見直しについて何らかの方向が語られるとの見方があったが完全に空振りに終わった。  逆に市場に驚きを与えたのは、現在の金融政策の柱になっている長期金利の指値オペ・連続指値オペについて運用を明確化、長期金利の上昇抑制を強

    有料
    200

    2022年5月号『ニューリーダー』

    いよいよ迫りつつある夏の参院選。しかし、野党の体たらくから自公政権は揺るぎそうもありません。そんな野党の今を追いました。エネルギー、食糧、一次産品まで全面高。円安も加わり経済停滞の中でインフレが襲います。その背景をちりばめました。特に円は「最弱の通貨」になっていること、政策を大転換しなければ、食糧危機に陥ることなどを解き明かします。「ウクライナのために我慢する」といったマインドがいつまで続くかです。企業研究はJSR、シャープ、「ナノテクの旗手」の仁科マテリアルなどを採り上げました。それにしてもプーチン戦争がインフレの一因でもあります。いつになったら戦争は終わるのでしょう。ゼレンスキーの人柄はワールドビジネスアイで、またアメリカの真の敵は中国であることをアメリカインサイトで描いています。

    すべて見る

    2022年5月号【目次】

    【世界総覧】~世界はどう動いているのか~ 📖全記事をお得に読みたい方こちら📘紙媒体をお求めの方はこちら🗻富士山マガジンサービスでお買い求めの方はこちら ・~・~・書店でもお買い求めいただけます・~・~・

    スキ
    1

    粗や懸念はあれど、自公連立は揺るがない?むしろ問われるのは野党の存在意義だろう

    勝利に死活的に重要な主戦場は1人区 共闘体制構築のメドが見通せない野党 2022年最大の政治決戦となる第26回参院選が2カ月余りに迫った。就任直後に迎えた昨年10月の衆院選をクリアした岸田文雄首相にとって、参院選は政権の中間評価と位置付けられる審判だ。新型コロナウイルス禍に加え、ロシアの軍事侵攻というウクライナ危機に直面する首相は、内閣支持率50%台後半を維持、安定した政権運営を見せる。この戦いを乗り切れば、今後3年間、国政選挙を心配することなく、自在の政策展開に集中できる「

    有料
    200

    黒子に徹し、製品を辛抱強く育てるJSR プロが気にする卓越した世界的素材メーカーへ変貌

    JSRとは何者か?設立背景を知るほど面白い サプライチェーンにおける迫石のような存在 「十八番」「二枚目」「黒幕」「指金」など、歌舞伎を一度も観たことがない人でもその意味を知る、歌舞伎由来の言葉は多い。今では当て字である「黒子」の方が定着してしまった「黒衣」もその1つだろう。舞台上の演者に色々と介添をする「見えない約束になっている係員」という意味が転じて、「表には名を出さない者」とか「裏方に徹する者」とかの例えで、企業活動を形容する際にも多用されている。  もちろん多くの会

    有料
    200

    歯止めかからぬ世界の物価上昇 日本は不況下のインフレ本番へ

    国内景気に赤信号 4月6日、国際通貨基金(IMF)は日本経済に関する年次審査報告を公表した。その中で、新型コロナウイルスに対する日本の政策対応は、3度にわたる大型補正予算編成や高いワクチン接種率に見るように非常に強力で景気後退の緩和に貢献するとしながらも、ロシアのウクライナ侵攻に伴う世界経済の減速や原材料価格の高騰などが影を落としており、先行きの不確実性は高まっていると指摘。内需は消費のコロナ禍からの回復が遅れ、外需も世界経済の減速と資源価格高騰で貿易収支の赤字が拡大する懸念

    有料
    200